ベイリー式(イギリス):リフレクソロジーを学ぼう

« マルカート方式(ドイツ) | リフレクソロジーで開業しようのトップページへ戻る | 若石健康法(台湾) »

リフレクソロジーは、日本で数年前から急激に認知度が上がって来た言葉です。今では大手がチェーン展開しており、個人サロンも増加の一途です。リフレクソロジーは今最も人気の高い「癒し」業と言えるかもしれません。特に、近現代のストレス社会では、ヒーリング、癒し、ストレス解消といったキーワードに関わる業種、健康法などが注目されているため、リフレクソロジーの需要が今後もさらに高まる可能性は高いでしょう。 リフレクソロジーが世間に広まると言う事は、私たちリフレクソロジーセラピストの質が問われると思います。そこに私の経験が少しでもお役に立てれば幸いです。

ベイリー式(イギリス)

とにかく現在日本においてよく言われている「英国式」の定義は何なのか?

それについて、日本ベイリースクールリフレクソロジー協会の牧野和子氏によるとイギリスで認知されているリフレクソロジーの理論やテクニックに基づいたトリートメントのスタイルを「英国式」と呼ぶももの、実際にはイギリス本国内でも、養成機関や協会は多数ありそれぞれが独自のスタイルで活動しているので、厳密に言うと「英国式」という統一された方法は無いと思われるとしています。

もちろん、ベースとなる理論はある程度共通しているのですが、テクニックについては、経験や文化的背景などによって若干の差異があるようです。体系づけられたリフレクソロジーを英国に持ち込んだとされているベイリー女史の方法では、足と手に体全体とつながっているエネルギーゾーンというものが存在し、それらが全身の各器官と対応する反射区がある、とされています。

この反射区のバランスの崩れが様々な疾病の下人になり、エネルギーの流れを改善すれば、症状も改善する、という考え方です。反射区を刺激すれば、対応臓器や対応器官の緊張をほぐし、活性化させる働きがあるとともに、老廃物の排泄促進にもつながる、と言われています。

ベイリー式では、基本的に対症療法は勧めておらず、どんな場合でも、足の全体的なトリートメントを行うとされています。その後、トリートメント時に痛みや違和感があった、というような部位や、症状に対して有効と考えられる反射区を再トリートメントすることでフォローします。

ベイリー式では、手にもリフレクソロジーのトリートメントを行うことがありますが、これは、足にけがをしている、などの場合にあくまで足の補完的な役目を果たすものであります。


【トリートメントの特徴】
足趾からかかとの方向に向かって、足裏、側部、背部に分布している全身の反射区をトリートメント。
体の部位で表すとすれば、頭部、上肢、胸部、腹部、下肢の順番に、また消化器系で言うならば、口、食道、胃、腸の順番に、それに対応する反射区のトリートメントを実施。
左足には、心臓の反射区があり、急激な刺激による負担がかからないよう、また、消化システムの観点からも、右足よりトリートメントを開始する。
時間が40〜50分、強く押すことはせず、母指の第一関節を曲げ、伸展・屈曲はさせず、そのままの形で医道させていく。
器具は使用せず、トリートメント前に無香料のタルカムパウダーを塗布し、オイルは使用しない。
トリートメント後は、老廃物の排泄を助けるため、水分を摂取するように促す。
セルフトリートメントについては、リラックスした姿勢でできる手のリフレクソロジーを行うこともあるが、慎重に行うようにする。







キーワードでサイト内を検索