リフレクソロジストと鍼灸あんま師の違い:リフレクソロジーを学ぼう

« リフレクソロジストに向く人 | リフレクソロジーで開業しようのトップページへ戻る | リフレクソロジスト養成スクールの定義は »

リフレクソロジーは、日本で数年前から急激に認知度が上がって来た言葉です。今では大手がチェーン展開しており、個人サロンも増加の一途です。リフレクソロジーは今最も人気の高い「癒し」業と言えるかもしれません。特に、近現代のストレス社会では、ヒーリング、癒し、ストレス解消といったキーワードに関わる業種、健康法などが注目されているため、リフレクソロジーの需要が今後もさらに高まる可能性は高いでしょう。 リフレクソロジーが世間に広まると言う事は、私たちリフレクソロジーセラピストの質が問われると思います。そこに私の経験が少しでもお役に立てれば幸いです。

リフレクソロジストと鍼灸あんま師の違い

日本には「あはき法」という法律があります。

「あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律では、医師以外の者で、あん摩、マッサージ若しくは指圧、はり又はきゅうを業としようとする者は、それぞれ免許を受けなければならない」というものです。

その免許は、学校教育法の規定により大学に入学できる者で、文部科学大臣の認定した学校又は厚生労働大臣の認定した養成施設で、3年以上、解剖学、生理学、病理学、衛生学その他必要な知識及び技能を修得し、さらに国家試験に合格しなければ与えられない、とされています。

手軽に学べるリフレクソロジーとは全く違う、国家資格が鍼灸あんま師です。

中にはリフレクソロジーの資格取得勉強中に、鍼灸あんま師の資格を取ってもっとアプローチを深めたい、と学校に入学することを決める人も多くいます。彼らのような国家資格保持者を保護する法律が「あはき法」です。

リフレクソロジストは、自分たちは医療従事者、鍼灸あんま師とは違う、ということをしっかり念頭において活動しなくてはなりません。これを間違って認識していたり、法律違反と知りながらもクライアントに、「診断」」「治療」行為にあたることをしてしまったりするセラピストが多いのが現状です。

これではいつまでたっても、リフレクソロジストの立場向上にはつながりません。悪徳、インチキ、そういった言葉がセラピストにどうしてもつきまとう日本の現状には、こうした事情があるのです。

医者、鍼灸あんま師の領域とは全く違うのだ、セラピストはあくまでクライアントに対する生活のアドバイザー的な立場で「足」という部分からアプローチするのだ、ということを忘れないこと、これは常に意識していないと「犯罪」になってしまいます。「知らなかった」では済まないとても大切な部分です。

欧米の国々のように、医療従事者とセラピストがうまく連携をとって、より深いアプローチができるようになる、これが理想的な在り方だと思いますが。まずこれには、セラピストが自らの立場をしっかりとわきまえること、これが一番重要なのではないでしょうか。







キーワードでサイト内を検索