リフレクソロジストの仕事:リフレクソロジーを学ぼう

« リフレクソロジストと資格 | リフレクソロジーで開業しようのトップページへ戻る | リフレクソロジストに向く人 »

リフレクソロジーは、日本で数年前から急激に認知度が上がって来た言葉です。今では大手がチェーン展開しており、個人サロンも増加の一途です。リフレクソロジーは今最も人気の高い「癒し」業と言えるかもしれません。特に、近現代のストレス社会では、ヒーリング、癒し、ストレス解消といったキーワードに関わる業種、健康法などが注目されているため、リフレクソロジーの需要が今後もさらに高まる可能性は高いでしょう。 リフレクソロジーが世間に広まると言う事は、私たちリフレクソロジーセラピストの質が問われると思います。そこに私の経験が少しでもお役に立てれば幸いです。

リフレクソロジストの仕事

医療行為を認められないリフレクソロジストは何もできないじゃないか、と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

セラピストはいつでも、クライアントと二人三脚で、お医者様ではなかなか行き届かない「生活改善」をよりその人と密接に関わりながら促してあげることが可能です。

どんな生活形態をしているのか、食生活、睡眠のとり方はどうか、そういったことをカウンセリングでヒアリングしながら、そのヒトがなぜそういった不調を抱えやすいのかを共に探り、改善のためのアドバイスをする、

足を触った時にセラピストが読み取れたことを元に、そのクライアントがどうしたらその不調を改善することができるか、自然治癒力を高めるためにはどうしたらいいのか、それをアドバイスする、醍醐味のある、そしてとても重要な仕事だと思います。

例えば胃痛という不調を抱えている人で、あなたが、もしも足を触って確かにそうかもしれないな、と思ったならば、「胃が悪いです」という「診断」を伝えて終わり、ではなく、「胃がお疲れのようですが、日々の生活に何か要因は思い当たりませんか?」「食事内容はいかがですか?」など

本人から日々の生活をヒアリングしたり、何かアドバイスできることはないか探ったり、胃に負担がかかりやすいような何か精神的なストレスがあるのではないかと話を聞いてあげる、ということもできるのです。

もちろん、精神科医ではありませんから、何かストレスになるような状態が重なっていたとしても、直接治療することはできません。ですが、そのクライアントが話すことを黙って親身になって聞いてあげる、ということもとても大切なことなのです。

単に、足を触ってあげて終わり、というだけではなく、クライアントとの信頼関係を築くこと、そして何か気になることがあれば「お医者様に相談されてはいかがですか?」と促すこと、これはしっかりと頭の中に置いておかなくてはならない重要なポイントです。







キーワードでサイト内を検索