リフレクソロジストと資格:リフレクソロジーを学ぼう

« リフレクソロジーとツボ押しの違い | リフレクソロジーで開業しようのトップページへ戻る | リフレクソロジストの仕事 »

リフレクソロジーは、日本で数年前から急激に認知度が上がって来た言葉です。今では大手がチェーン展開しており、個人サロンも増加の一途です。リフレクソロジーは今最も人気の高い「癒し」業と言えるかもしれません。特に、近現代のストレス社会では、ヒーリング、癒し、ストレス解消といったキーワードに関わる業種、健康法などが注目されているため、リフレクソロジーの需要が今後もさらに高まる可能性は高いでしょう。 リフレクソロジーが世間に広まると言う事は、私たちリフレクソロジーセラピストの質が問われると思います。そこに私の経験が少しでもお役に立てれば幸いです。

リフレクソロジストと資格

リフレクソロジストは、アロマセラピスト同様、国家資格ではありません。各団体、各スクールで発行される認定証(ディプロマ)を取得することになります。

もっと極端に言えば、何の資格を持っていなくてもリフレクソロジストと名乗ることは可能です。気軽に目指すことができる仕事ではありますが、人の体に触れ、心に触れる仕事であるため、やはりきちんと勉強をする必要があります。

ただ、国家資格を持って活動するわけではありませんし、まして医療従事者ではないため、「診断」「治療」をすることは法律で禁止されています。これはリフレクソロジストとして最も重要なポイントでもあります。

たいていの人はどこか体や心に不調を訴えて、セラピストの元を訪れるでしょう。ですが、その際に「○○が悪いですね。」「こうすると○○が治ります」「私が足を触ると○○が良くなります」という言い方は診断、治療行為となり、法律で罰せられます。







キーワードでサイト内を検索