仕事と資格取得の狭間で:リフレクソロジーを学ぼう

« 会社や同僚には | リフレクソロジーで開業しようのトップページへ戻る | リフレクソロジーには種類がある »

リフレクソロジーは、日本で数年前から急激に認知度が上がって来た言葉です。今では大手がチェーン展開しており、個人サロンも増加の一途です。リフレクソロジーは今最も人気の高い「癒し」業と言えるかもしれません。特に、近現代のストレス社会では、ヒーリング、癒し、ストレス解消といったキーワードに関わる業種、健康法などが注目されているため、リフレクソロジーの需要が今後もさらに高まる可能性は高いでしょう。 リフレクソロジーが世間に広まると言う事は、私たちリフレクソロジーセラピストの質が問われると思います。そこに私の経験が少しでもお役に立てれば幸いです。

仕事と資格取得の狭間で

日々猛烈に忙しい会社の仕事、資格取得のための勉強、そしてちょうど重なった結婚の準備、と、今思うと「あのエネルギーはなんだったのかしら」というほどでした。

仕事のピークと試験が重なったこと、徹夜に近い形で勉強をして挑んだこと、今でも忘れられない思い出です。そのくらいの苦労があったからこそ、今自信を持って、生涯の仕事として取り組んでいられるのかもしれません。

ひょいっと簡単に取った資格ではないんだ、あれほど頑張って勉強したんだ、という思いって意外と大切なものですね。







キーワードでサイト内を検索