会社や同僚には:リフレクソロジーを学ぼう

« 私がリフレクソロジストになるまで | リフレクソロジーで開業しようのトップページへ戻る | 仕事と資格取得の狭間で »

リフレクソロジーは、日本で数年前から急激に認知度が上がって来た言葉です。今では大手がチェーン展開しており、個人サロンも増加の一途です。リフレクソロジーは今最も人気の高い「癒し」業と言えるかもしれません。特に、近現代のストレス社会では、ヒーリング、癒し、ストレス解消といったキーワードに関わる業種、健康法などが注目されているため、リフレクソロジーの需要が今後もさらに高まる可能性は高いでしょう。 リフレクソロジーが世間に広まると言う事は、私たちリフレクソロジーセラピストの質が問われると思います。そこに私の経験が少しでもお役に立てれば幸いです。

会社や同僚には

ただ、会社や、同僚には「いつか会社を辞めて、そういう仕事に就く」と宣言できるほど状況が整っていたわけでも、決心がついていたわけでもなかったので、

結局卒業するまで内緒のまま、自宅からスクールのある東京まで新幹線を使って上京しながら、というよりハードな生活に突入してしまったのですけれど。

それでも、「こんな世界もあるんだ。」という驚きと、やはり志を同じく遠方から上京しながら勉強をしている同期たち、新鮮な気持ちで取り組めたことは言うまでもありません。

通いながら、勉強しながら、「この道で行こう!」という気持ちはどんどん強くなっていきました。

結局、資格取得してから1年後、会社を退職することになり、準備期間をさらに半年経て開業することになりました。







キーワードでサイト内を検索