サロンを営むにあたり、工夫したことは?:リフレクソロジーを学ぼう

« 現在の仕事形態は | リフレクソロジーで開業しようのトップページへ戻る | リフレクソロジストになって意外だったことは »

リフレクソロジーは、日本で数年前から急激に認知度が上がって来た言葉です。今では大手がチェーン展開しており、個人サロンも増加の一途です。リフレクソロジーは今最も人気の高い「癒し」業と言えるかもしれません。特に、近現代のストレス社会では、ヒーリング、癒し、ストレス解消といったキーワードに関わる業種、健康法などが注目されているため、リフレクソロジーの需要が今後もさらに高まる可能性は高いでしょう。 リフレクソロジーが世間に広まると言う事は、私たちリフレクソロジーセラピストの質が問われると思います。そこに私の経験が少しでもお役に立てれば幸いです。

サロンを営むにあたり、工夫したことは?

人から「肌がキレイですね。化粧品は何を使っていますか?」と聞かれることが多くなり、彼女たちからの質問に胸を張って答えられるように、フェシャルセラピーの技術を修得しました。

現在は、ナチュラル系のコスメティクを取り扱うことで、身体の内側からのケアとコスメという外側からのケアを提供しています。

また、リフレクソロジートリートメントをしていると、「タコ」「ウオノメ」「外反母趾」といったトラブルを抱えている人に多く出会います。そこをなんとか解消してあげることができないだろうか、とそういった技術を学べるところで勉強をし、フットケアセラピストの資格も取得しました。

「リフレクソロジー」という事だけにとらわれず、「心と身体が健やかであること」をテーマとし、お客様にご提案できることをこれからも探していきたいと思っています。







キーワードでサイト内を検索