リフレクソロジーとツボ押しの違い:リフレクソロジーを学ぼう

« リフレクソロジーの体への働きかけ | リフレクソロジーで開業しようのトップページへ戻る | リフレクソロジストと資格 »

リフレクソロジーは、日本で数年前から急激に認知度が上がって来た言葉です。今では大手がチェーン展開しており、個人サロンも増加の一途です。リフレクソロジーは今最も人気の高い「癒し」業と言えるかもしれません。特に、近現代のストレス社会では、ヒーリング、癒し、ストレス解消といったキーワードに関わる業種、健康法などが注目されているため、リフレクソロジーの需要が今後もさらに高まる可能性は高いでしょう。 リフレクソロジーが世間に広まると言う事は、私たちリフレクソロジーセラピストの質が問われると思います。そこに私の経験が少しでもお役に立てれば幸いです。

リフレクソロジーとツボ押しの違い

一般的に、リフレクソロジーという言葉は、「手足にトリートメントをすること」であるため、最もポピュラーである「英国式」をはじめ、台湾式、ドイツ式、など様々なものがあります。
これらは器具(棒など)を使う、使わない、痛い、痛くない、など様々な特徴がありますが、総じて「ゾーン理論」と呼ばれる理論に基づき、「反射区」と呼ぶ、エネルギーの流れを体全体に投影した場所(面)に働きかけるものです。
ツボは、経絡といった理論に基づいて全身に点在している「ツボ=点」に働きかけるものとなります。

点であるツボに正しく働きかけるのは、かなり老練した技術を要し、また、その人の骨格や体系によっても若干違いが生じるためとても探しにくいものであると言われているのに対し、反射区は臓器やその器官に対応している場所を探しやすいという利点がある、と言われています。

理論が違う、という一言では済まされない似通った部分もあり、セラピストによっては双方のいいところを取り入れている場合もあります。

ギュッと棒のようなもので反射区を押していく方法をとる中国系のものに対して、「道具を使わない」のも英国式の特徴であると言われています。

トリートメントは親指を中心とした手指のみで行います。反射区を適度な圧で的確に押していくために足にパウダーを用いるのが基本ですが、最近ではオイルやクリームを用いる場合もあります。フットバスのようなところで足湯をする、しない、も同じ英国式でもいろんな方法があるようです。

いずれにしても、英国式の場合であれば反射区へかける圧は、強く押すよりはむしろ弱いほうが良いと言われています。「痛み=ストレス」と考え、痛く押されると体が縮こまってしまうため、芯からリラックスしづらい、というのがその理由と言われています。

日本人の場合は「痛気持ちいい」という感覚が好まれているため、どうしてもそういった手技のほうが人気があるようですが、本来のリフレクソロジーの考え方で言うと、「心地よい」という感覚が重用しされています。

正しく学んだプロならば、正確に反射区に働きかけますので、決して弱いからといって、体への働きかけがなされないわけではありません。







キーワードでサイト内を検索