ボランティアになる場合:リフレクソロジーを学ぼう

« 就職する場合 | リフレクソロジーで開業しようのトップページへ戻る | 資格はどうやってとりましたか? »

リフレクソロジーは、日本で数年前から急激に認知度が上がって来た言葉です。今では大手がチェーン展開しており、個人サロンも増加の一途です。リフレクソロジーは今最も人気の高い「癒し」業と言えるかもしれません。特に、近現代のストレス社会では、ヒーリング、癒し、ストレス解消といったキーワードに関わる業種、健康法などが注目されているため、リフレクソロジーの需要が今後もさらに高まる可能性は高いでしょう。 リフレクソロジーが世間に広まると言う事は、私たちリフレクソロジーセラピストの質が問われると思います。そこに私の経験が少しでもお役に立てれば幸いです。

ボランティアになる場合

仕事ではなくボランティア活動に活かしたいという人もいるでしょう。病院、ケアハウス、公共施設、訪問看護など、活動の場はかなり多岐に渡ります。

ただ、お金をもらってする仕事ではないから、ただ単にルーティンワークとして手技を行えばいい、というわけではありません。

むしろ、ボランティアをするといった場合、医療施設と連携をとって行うことのほうが多いため、自然療法に携わるセラピストとして、医療従事者から的確なコメントを求められることも少なくないでしょう。

そういった場合こそ、解剖生理学で学んだ知識が役に立ちます。しっかり勉強と経験を積む必要がある、と言えましょう。







キーワードでサイト内を検索