開業する場合:リフレクソロジーを学ぼう

« 養成学校卒業後の進路は? | リフレクソロジーで開業しようのトップページへ戻る | 就職する場合 »

リフレクソロジーは、日本で数年前から急激に認知度が上がって来た言葉です。今では大手がチェーン展開しており、個人サロンも増加の一途です。リフレクソロジーは今最も人気の高い「癒し」業と言えるかもしれません。特に、近現代のストレス社会では、ヒーリング、癒し、ストレス解消といったキーワードに関わる業種、健康法などが注目されているため、リフレクソロジーの需要が今後もさらに高まる可能性は高いでしょう。 リフレクソロジーが世間に広まると言う事は、私たちリフレクソロジーセラピストの質が問われると思います。そこに私の経験が少しでもお役に立てれば幸いです。

開業する場合

自分が働く際のペース(1日どのくらいの集客が欲しいのか、1週間のうち何日くらい働くのか)を自分で考えることができるのが「開業」の良さではありますが、その分当然「経営責任」が付き物ですから、そういったセンスも要求されます。

今、癒し系のサロンはアロマセラピーサロンでは百花繚乱。都会では、100mも歩かないうちに、本当に何軒ものサロンが立ち並んでいます。

そういった中で、自分が得意とするものをきちんと打ち出し、他との差別化を計らなければ、単なる低価格競争に巻き込まれ、破綻してしまう可能性もあります。

しっかりとビジネスプランと将来の展望を持って、なおかつ、その土地の特徴をリサーチしてから開業するようにしましょう。







キーワードでサイト内を検索