養成学校卒業後の進路は?:リフレクソロジーを学ぼう

« 学校選びのポイント5 | リフレクソロジーで開業しようのトップページへ戻る | 開業する場合 »

リフレクソロジーは、日本で数年前から急激に認知度が上がって来た言葉です。今では大手がチェーン展開しており、個人サロンも増加の一途です。リフレクソロジーは今最も人気の高い「癒し」業と言えるかもしれません。特に、近現代のストレス社会では、ヒーリング、癒し、ストレス解消といったキーワードに関わる業種、健康法などが注目されているため、リフレクソロジーの需要が今後もさらに高まる可能性は高いでしょう。 リフレクソロジーが世間に広まると言う事は、私たちリフレクソロジーセラピストの質が問われると思います。そこに私の経験が少しでもお役に立てれば幸いです。

養成学校卒業後の進路は?

リフレクソロジストとしての勉強を終え、修了書を手にしたあなた。どんな進路があるでしょうか?

家族にさっそくトリートメントしてあげたい、という人もいるでしょうが、決して安くない入学金を払ってまで勉強をしたのであれば、たいていの人は「仕事」にしたい、またはボランティアで活躍したい、と考えるでしょう。

仕事にしたい、という場合は、就職か、開業か、ということになります。

開業も、サロンを持つのか、出張開業にするのか、サロンを持つにしても自宅で行うのか、どこか場所を借りるのか、という選択がでてきます。

美容院やエステサロンなど既に開業している方と組んで、そのお店の一角を借りて、というパターンもあるでしょう。







キーワードでサイト内を検索