学校選びのポイント2:リフレクソロジーを学ぼう

« 学校選びのポイント1 | リフレクソロジーで開業しようのトップページへ戻る | 学校選びのポイント3 »

リフレクソロジーは、日本で数年前から急激に認知度が上がって来た言葉です。今では大手がチェーン展開しており、個人サロンも増加の一途です。リフレクソロジーは今最も人気の高い「癒し」業と言えるかもしれません。特に、近現代のストレス社会では、ヒーリング、癒し、ストレス解消といったキーワードに関わる業種、健康法などが注目されているため、リフレクソロジーの需要が今後もさらに高まる可能性は高いでしょう。 リフレクソロジーが世間に広まると言う事は、私たちリフレクソロジーセラピストの質が問われると思います。そこに私の経験が少しでもお役に立てれば幸いです。

学校選びのポイント2

技術だけでなく、解剖生理学といった理論についても同じくらい重点を置いているかどうかが大切です。これは、リフレクソロジストは、単に足をモミモミすればいいわけではありません。

しっかりと体の構造や、疾病について、例え診断や治療ができなくても、知識として把握しておく必要があります。

解剖生理学に重きを置いているスクールは、卒業後の生徒の事を本当に考えてくれている、とも言えましょう。それほど、クライアントの心身に携わるということは大変なことなのです。







キーワードでサイト内を検索