リフレクソロジーって何?:リフレクソロジーを学ぼう

リフレクソロジーで開業しようのトップページへ戻る | リフレクソロジーの体への働きかけ »

リフレクソロジーは、日本で数年前から急激に認知度が上がって来た言葉です。今では大手がチェーン展開しており、個人サロンも増加の一途です。リフレクソロジーは今最も人気の高い「癒し」業と言えるかもしれません。特に、近現代のストレス社会では、ヒーリング、癒し、ストレス解消といったキーワードに関わる業種、健康法などが注目されているため、リフレクソロジーの需要が今後もさらに高まる可能性は高いでしょう。 リフレクソロジーが世間に広まると言う事は、私たちリフレクソロジーセラピストの質が問われると思います。そこに私の経験が少しでもお役に立てれば幸いです。

リフレクソロジーって何?

リフレクソロジー(Reflexology)とは、足首からつま先までの足と足裏全体を、ある一定の方法を使って押していくという、手技のことです。
本来の意味は、Reflex(リフレックス=反射)と-logy(ロジー=学問)という意味を合わせた造語で、そのまま直訳すると「反射学」になります。
学問の1つとしてきちんと体系づけられたのも100年ほど前と言われていますが、更に遡ると、エジプトの壁画に、手足のトリートメントに関する象形文字が描かれているのが見られますから、その歴史はかなり古くからあるもの、と言えましょう。

リフレクソロジーのトリートメントには、副作用がいたって少ないと言われ、自己管理健康法の延長として受け入れられてきた背景がありますが、その効用の科学的解明・西洋医学と結び付けての新治療法としても常に注目を浴びているようです(特に、イギリスには王室専属のリフレクソロジストやホメオパシーのセラピストが存在しているそうです)。


日本では、数年前から、急激に認知度が上がって来た言葉で、今では大手がチェーン展開していたり、個人サロンが増えたり、と人気の「癒し」業となっています。
特に、近現代のストレス社会では、ヒーリング、癒し、ストレス解消といったキーワードに関わる業種、健康法などが注目されているため、今後もさらに需要が高まる可能性は高いでしょう。







キーワードでサイト内を検索